shopping image header
 
ホーム旅行者用基本情報 ロンドンの概要 ロンドンの住所表記 ロンドンの交通機関 空港からのアクセス 地下鉄 バスタクシー 自転車電話 通貨・税金・チップロンドンの安全 ロンドンギャラリーおすすめスポット 飲食 (レストラン/パブ) ショッピング 観光スポット 宿泊施設 ロンドン最新情報 ロンドン体験 ゲーム あいさつ  

Greetings From London

Andrew Gibson at the office, 2005ようこそ私のサイトへ。私はイングランド北部の Carlisle 生まれですが、かなりの年月を日本で生活した経験を持っています。日本での生活にピリオドを打ち、2002年英国に帰国した時、2つの国の橋渡しをするようなホームページをつくろうと思い立ち、2005年に実現しました。

私が初めて日本を訪れたのは1990年です。ジェットプログラム(日本政府のプロジェクトで、日本青年海外協力隊の逆にあたり、イギリス人が日本人に英語教育をおこなう)の招請に応じて1990年から1992年の間、私は市立川崎高校で英語の教師をしました。川崎は工業都市なので嫌いだという人もいたのですが、フレンドリーな人が多く、私は川崎が好きになりました。住んでいたのは二子新地駅の近くで、南武線で通勤していました。二子新地は渋谷に行くにも都合の良いところでした。初めて渋谷に行ったときは衝撃的な経験をしました。まるで自分が宇宙の中心にいるような気がし、騒音やワクワク感やファッションが圧倒的にパワフルで刺激的でした。

プログラムの終了と同時に、大学院に進むために英国へ帰りましたが、いつも日本で仕事をする機会がないかと考えていました。そして実現し、茨城に2年、東京の目黒で5年間生活しました。一番の思い出は、桜の花が咲いている頃に、中目黒の目黒川周辺を散歩したことです。桜の枝が川に垂れているのが一番好きです。そして夜桜見物の最後には小さな飲み屋や食堂に入りました。

東京でどこが一番好きかといえば、もちろん原宿です。

今、私はロンドンに住んでいます。東京と同じようにロンドンは大都市です。1700 年代の偉大な作家サミュエル・ジョンソンは、「ロンドンに飽きるということは人生に飽きるということだ」と言いました。これは現在でも言えることです。私は、ロンドンを訪問する日本の人々に役立つことを最重視して、このサイトをつくりました。私の趣味が強く反映している点もあるでしょうが、「一般的な旅行ガイドブックには書かれていないけれども、これもエキサイティングなロンドンだ」といえるようなことの紹介もしています。Enjoy!

アンドリューの日本ベスト10

  • 礼儀正しいこと(最低限、公共の場では)
  • 外国(世界)に興味をもつこと
  • 街中のファッション
  • 畳の部屋
  • 温泉
  • 正直
  • 熱燗(酒)
  • 神社の神域
  • 富士山頂で見た雲海の日の出
  • トンカツソース


アンドリューのロンドンベスト10

  • 劇場が多く、ミュージカルからコメディー、ミステリーまですべてのジャンルを網羅している。
  • ナイツブリッジのショッピング
  • 市内の中心に巨大な公園があること
  • スピーカーズ・コーナー(ここでは、世界中の誰でも自由に発言できる)Ah, London, the hme of the quenching pint
  • カムデン・マーケット(オトナの原宿、ファッションとパブ)
  • 地下鉄のベイカーズ・ストリート駅(世界最古の駅のひとつで、シャーロック・ホームズの時代のまま)
  • コーベント・ガーデンのストリート・パフォーマンス
  • 樽エール(ビールの一種)
  • 警官(親しみやすく、かつプロフェッショナル)
  • ソーホー(言ってみれば、ロンドンにおける新宿のゴールデン街のテースト)

日本の学校でアンドリューが驚いたことベスト10

  • 生徒が靴を脱ぐこと
  • お弁当の出来映え。お母さんは偉い!
  • 先生が来るまで、生徒が教室で待っていること
  • 1クラスの人数が多いこと(英国では20人くらい)
  • 放課後の活動が多いこと
  • 生徒が教室や学校の掃除をしてから帰ること(これはすばらしいと思った)
  • 雑草のままの遊び場がないこと
  • 授業中に寝ている生徒がいること
  • 職員室に生徒が入っても良いこと
  • 卒業式(英国では、教科ごとに試験を受けて単位を取るので卒業というシステムがない)

 
footer
site map links contact us privacy statement